アーカイブ

2012 年 1 月 のアーカイブ

ファミリーマートのA&G DINER監修チーズバーガー 2012/01/17

通算663種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『ファミリーマート』。日本を代表するコンビニエンスストアの一つだ。

目的は「A&G DINER監修 チーズバーガー」。

A&G DINER監修 チーズバーガー

外苑前の名店「A&G DINER(最近の記事はこちら→A&G DINER KIWANIKU(極肉)BURGER 第5弾 2011/12/16」がファミリーマートに協力する形で実現した、「グルメバーガーのシェフが監修したこだわりハンバーガーがファミリーマートで気軽に買える」という、ちょっと面白い企画だ。

詳細はファミリーマートのニュースリリース(こちら)を参照してほしいが、今回のハンバーガーは2012年1月17日から約3週間、関東地方のファミリーマート約3500店で販売されている。

うちの近くのファミリーマートを回ってみたところ、2店舗目で発見したので、無事ゲットできた。お値段は298円。その場で温めてもらうことも可能だが、せっかくなので家でレンジを使うことに。

500ワットで約50秒。温め終わったハンバーガーがこちら。

A&G DINER監修 チーズバーガー

お皿にあけてみると、コロッとかわいいハンバーガーが出てくる。

A&G DINER監修 チーズバーガー

中の具材はシンプル。チーズとパティとピクルスのみだ。

A&G DINER監修 チーズバーガー

食べてみると、思ったよりもバンズがふわっとしている。こういうハンバーガーはえてしてカスカスのバンズになりがちだが、200円台のハンバーガーとしてはレベルの高いバンズ。

中身はほとんどパティという状態。程よく肉の食感を得られる状態になっており、ハンバーグっぽいねちっこさは少ない。良いアクセントになっているのがスモークチーズ。普通のチーズとは違い、口の中に深い香りが広がるのが嬉しい。

若干気になったのは全体的な味の濃さ。パティ自体の塩味もあるが、上下のバンズに塗ったテリヤキソースが少し濃いように感じた。

とはいえ、コンビニで買える298円のハンバーガーとしてのレベルはかなり高い。こういったコラボ商品は原価という壁に悩まされ、監修者の意図しないレベルで商品が出荷されることが多いが、値段に対して妥当なレベルで出てきたのではないだろうか。

と、ここまで書いたところで店長のブログを拝見して納得。若干味が濃いと感じたのは、野菜がなかったからか。家で好みの野菜などを挟んでもらうとちょうど良いバランスになるようだ。

A&G DINERの店長のブログ:ファミリーマートのA&Gチーズバーガー

一応ツッコんでおくと、「ご家庭に写真のようなガスバーナー」は滅多にありません。

 

━━◆━━店情報━━◆━━
店名:ファミリーマート:関東地方店舗
URL:ニュースリリース


関連記事

    復活Wendy’s(ウェンディーズ) 2012/01/16

    通算662種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『Wendy’s(ウェンディーズ)』。場所は表参道。

    もはや説明も不要だと思うが、ウェンディーズは2009年末をもって日本からの撤退を決定した。2009年の大晦日に銀座店で最後のウェンディーズチーズを食べた事をよく覚えている。(Last Wendy’s(ラストウェンディーズ) 09/12/31

    今回の復活の経緯などについては、新聞やニュースなどのメディア報道にお任せする事にして、とにかく2011年12月27日にウェンディーズというハンバーガーチェーンが再び日本で復活したのだ。

    場所は表参道。表参道駅と明治神宮前(原宿)駅のちょうど中間あたり。表参道ヒルズの向かいに中国茶の「遊茶」というお店(写真)があるが、その角を入って2軒目ぐらいだ。

    もともと2011年中に食べに行こうと画策していたのだが、12月29日に行ってみたところ、大行列。

    Wendy's

    ということで、年明けの2012年1月に再訪。お昼前の11時、ということもあり行列はなかった。

    Wendy's

    まずはカウンターで注文。ハンバーガーのメニューは大きく2ジャンルに別れている。全世界的に展開している「Dave’s Hot’N Juicy」と呼ばれるスタンダードハンバーガーと、日本だけの「JAPAN Premium」の2つ。

    どうしてもJAPAN Premiumに目を奪われてしまうが、まずはスタンダードから、と今回はウェンディーズバーガーをオーダー。サイドでつけられるコンボは6種類あるが、迷わずBの「ナチュラルカットフレンチフライチリ&チーズ コンボ」にした。Wendy’sというとどうしてもチリチーズを食べたくなってしまう。

    お値段はウェンディーズバーガーが480円、サイドコンボBが400円。二つで980円だ。ちなみに、普通のフレンチフライセットは260円。

    店内は1階部分が注文レジと簡単な座席になっていて、メインのイーティングスペースは地下部分。細長いカウンター状の席とゆったり座れるソファー調の席があり、かなり広い。

    さて、こちらがセットの外観。

    Wendy's

    ハンバーガーの外装は銀色。これは変わらない。もちろん、ちょっとしたデザイン変更はあるが、Wendy’sといえば銀色包装紙。

    Wendy's

    その包装を解いて、2年ぶりのWendy’sがこれ。

    Wendy's

    もちろんパティは四角い。

    Wendy's

    中にはチーズが2枚とパティ、レタス、オニオン、わかりにくいけどトマトとピクルス。

    Wendy's

    一口食べてみてわかるのは、以前のWendy’sとは全然違うということだ。もちろん値段も違うが、ハンバーガーを構成する要素の一つ一つのレベルが変わっている。

    たとえばバンズ。以前はカスカスだったが、今回のバンズは少し水分を多い目にしているようだ。パティは少し大きくなったように感じる。以前は肉の美味しさに甘えて、焼き過ぎのハンバーガーを何度か食べた記憶があるが、今回は丁寧に両面から熱を加えているのがわかる。

    参考までに2年前の「ウェンディーズチーズ」の写真がこちら。構成要素はほとんど一緒だが、写真からも違いが判ると思う。

    Wendy's

    今回は食べなかったJAPAN Premiumにはフォアグラバーガーやアボカドわさび、トリュフとポルチーニを使ったチキンバーガーなど、魅力的なメニューが目白押しだったので、次回はそれにトライしたい。

    いずれにせよ、今回のWendy’s(ウェンディーズ)はかなり本気だ。目指しているポジションもファーストフードではなく、ファーストカジュアル。ちょっと高い目のクオリティを日常に感じられるハンバーガーチェーンになってほしい。

     

    ━━◆━━店情報━━◆━━
    店名:Wendy’s(ウェンディーズ)表参道店
    住所:東京都渋谷区神宮前5丁目8-7
    場所:ココ
    営業時間:8:00~21:00
    定休日:年中無休
    URL:http://wendys.co.jp/


    関連記事

    HUNGRY HEAVEN(ハングリーヘブン)目黒店 2011/01/22

    通算661種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『Hungry Heaven(ハングリーヘブン)目黒店』。場所は目黒。

    目黒駅前の交差点から目黒通りを西に。坂を下って行って100メートルほど。BIG CHEFというお店が入っているビルの2階。

    HUGRY HEAVEN目黒

    並びに大戸屋なども入っているが、2階に上がればすぐに見つけることができるだろう。

    HUGRY HEAVEN目黒

    ご存じのとおりHUNGRY HEAVENは上板橋に本店がある(HUNGRY HEAVEN(ハングリーヘブン) 10/01/05)。2010年の12月に満を持して2号店を目黒にオープン。

    実はオープンして1か月後ぐらいに訪れていたのだが、記事をアップするのが1年ほど遅くなってしまい。。反省の極み。なお、この場所でハンバーガーを提供するのはランチタイム(11時半~17時)のみ。夜(18時~)は焼肉店「GYUBIG 目黒店」として営業しているのでハンバーガーは食べられない。

    とりあえずビールをオーダー。ハワイアンなビールも取り揃えてあったが、プレミアムモルツの生ビール(600円)を。

    HUGRY HEAVEN目黒

    ハンバーガーは基本的に上板橋とほぼ変わらないが、トッピングメニューが少ないように感じた。オーダーしたのはハングリーヘブン チーズ。お値段は850円。全てのハンバーガーメニューにSサイズがある。お値段は8掛けぐらいで、ハングリーヘブンチーズなら650円。

    通された場所が店のちょっと奥……だったので、店員さんを呼ぶためのベルがテーブルに。こういうのって意外と大きい音がしたりするので、あんまり使わない。

    HUGRY HEAVEN目黒

    店内は木目を主体としたデザイン。オープンしたばかりだけど、味のあるテーブルに仕上がっているので、落ち着いた雰囲気になっている。

    さて、こちらがハングリーヘブンチーズことチーズバーガー。ポテトもたっぷりついてくる。

    HUGRY HEAVEN目黒

    綺麗なシルエットを支えているのは金属製の串。

    HUGRY HEAVEN目黒

    チーズはきれいに上バンにくっついてしまっているが、そのおかげでパティにかかったソースを垣間見ることができた。

    HUGRY HEAVEN目黒

    バンズはハングリーヘブンの特徴でもあるこげ茶色。食べる前にほんのりと甘い香りがするのが嬉しい。上バンはさっくりしていて、カリッと小さい音を感じることができる。

    チーズはチェダー。全体にまろやかさを与える。パティはミディアムレアで肉汁が少し染み出てくる程度。ここまではジュワッとした食感で歯が進むが、トマトを過ぎてレタスに到達すると、しゃきしゃき感が心地よい。最後に下バンはふんわりしていて、上の歯と下の歯で食材の層を感じることができる、まさにハンバーガーの醍醐味のような、そんなチーズバーガー。

    バンズがほんのり甘いのに加えて、パティに使われるソースも甘い目。上板橋と基本的に同じだが、全体的には、甘い目のハンバーガーと言える。好みは若干あるかと思うが、いったんハマれば、連続で食べたくなるハンバーガーだろう。

    最後にランチセットのドリンクをいただいて終了。

    HUGRY HEAVEN目黒

    ビールはランチの対象外だが、チーズバーガーとポテト、ドリンクで850円は破格と言えるのでは。普通のハンバーガーは750円。マクドナルドに行くぐらいなら、ココのハンバーガーを食べるほうがコストパフォーマンスは圧倒的に高いだろう。

    ということで、目黒のHUNGRY HEAVEN。十分に楽しむことができました。

    ━━◆━━店情報━━◆━━
    店名:HUNGRY HEAVEN(ハングリーヘブン)目黒店
    住所:東京都目黒区下目黒1-2-22 セザール目黒 2F
    場所:ココ
    営業時間:11:30~17:00(L.O.16:30)
    (18:00~は「焼肉 GYUBIG 目黒店」としての営業)
    定休日:年中無休
    TEL:03-6303-9555
    URL:http://r.tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13119994/(食べログ)

    ハングリー ヘブン 目黒店ハンバーガー / 目黒駅不動前駅

    昼総合点★★★★ 4.0


    関連記事