ホーム > お知らせ > 肉本の紹介:熟成・希少部位・塊焼き 日本の宝・和牛の真髄を食らい尽くす

肉本の紹介:熟成・希少部位・塊焼き 日本の宝・和牛の真髄を食らい尽くす

お知らせです。

以前から懇意にさせていただいていた「肉おじさん」こと千葉祐士(ちばますお)さんが、肉本「熟成・希少部位・塊焼き 日本の宝・和牛の真髄を食らい尽くす(講談社)」を出版されました。

千葉さんは1999年から焼肉店を運営、「格之進」と名のついたお店をご存じの方も多いと思います。

格之進各店舗の紹介

千葉さんの肉、特に和牛に対する思いは本当に強く、その実績は格之進各店舗の評価の高さだけでなく、日本最大級の肉のイベント「肉フェス」で4回連続総合優勝を果たしているという結果からも十分にわかっていただけるでしょう。

ハンバーガーブログでもマンスリーハンバーガーTVの会場として「格之進R」さんに何度か協力を頂きました。目の前で肉をさばき、叩いてパティを作り、お客様が自らハンバーガーを作る、そんなチャレンジを2回ほどしました。

バタバタして紹介できていませんでしたが、2013年2月、2013年7月にイベントを行った様子を少しだけ紹介します↓

これが自慢の肉です。

チョップしていきます。

ミンチ肉を混ぜて、パティを整形していきます。

こんなパティが焼肉屋さんで出てくるというのが凄い!(イベント限定です)

バンズも特注のものを用意します。

それを焼き肉の網で焼く。

Build your own burger、ということで、ドンドンハンバーガーがカスタマイズできるのは嬉しいですね。

スライスした肉を使った、ステーキバーガーのようなものも頂きました。

先日は六本木一丁目にある「格之進F」さんで、千葉さんの出版祝いを行いました。千葉さんが肉を焼いている時の表情は本当に真剣で、まさに「肉と向き合っている!真剣勝負をしている」といえます。

格之進Fさんで頂いたお肉の一部を紹介します。

少しだけ、今回の本の内容を紹介しますと……

まず牛肉の選び方。A5とは何か、和牛と国産牛の違い、待ちのお肉屋さんの使い方などを丁寧に紹介しています。
そして、今流行りの熟成肉。どういった熟成方法を経ている牛肉が自分好みなのかを見極めるのに参考になります。
黒毛和牛の希少部位の紹介。霜降好きは、赤身好きは、それぞれ何を食べるのがいいのか、がわかります。
お肉の切り方、焼き方。お肉は扱い方で味が全く変わってくるということが、改めてわわかると思います。
最後に牛肉生産の現状と、今後に向けた展開

と、盛りだくさんの内容。焼き肉好きはもちろん、最近の熟成肉ブームが気になっている方、全ての肉好きに読んでもらいたい本だと思います。

ぜひ、書店・Amazonでお買い求めください。

 


関連記事

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。