アーカイブ

‘ハンバーガー(期間限定出店)’ カテゴリーのアーカイブ

IN-N-OUT BURGER in 原宿(ZipZap) 2012/03/28

通算672種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『IN-N-OUT BURGER(インアンドアウトバーガー)』。アメリカ西海岸を代表するハンバーガーチェーンだ。

とはいえ、西海岸まで行ったのではなく、訪れたのは東京の原宿。明治神宮前の交差点を少し入った「ZipZap」というお店。ずいぶん昔(7年ほど前)に訪れた記事があった。(ZipZap 05/07/29

IN-N-OUT TOKYO

2012年3月27日の毎日新聞朝刊に小さく掲載された広告。それは3月28日11時?15時にスーパープロモーションをZipZapで開催するとの内容。小さな白黒の広告だけど、心躍るのに十分なコンテンツ量だった。

詳細はZipZapのブログ記事を参照→IN-N-OUTがZipをジャック

どれだけの大人数が来るかわからないので、とりあえず11時を目指して原宿に。たどり着くと、先発の10名ほどは店内に入り、次発の方々が3名ほど並んでいる状況。よくよく見ると、Hamburger songを歌っているスリーピーヘッドジェイミーの二人が先頭だった!(Hamburger Live toor with “Hamburger Song”)。(実は、この情報もすわさんに教えてもらったのです。)

並んでいる間に手首にバンドをはめられました。数量に限りがあるということで、ハンバーガーは一人1つまで。すなわち、このバンドの数しかハンバーガーを用意していないってことだ。

IN-N-OUT TOKYO

15分ほど待って、ようやく店内に。席数は十分あるけど、一つ一つ作っているので、店内には15人ぐらいしか入れないようなオペレーションで回しているっぽい。入り口にはIN-N-OUTの標語でもある「Quality you can taste」の文字。

IN-N-OUT TOKYO

メニューはシンプルに5種類。ダブルダブル、チーズバーガー、ハンバーガー、アニマルスタイル、プロテインスタイル。これらはすべて本家アメリカにもあるメニュー。

IN-N-OUT TOKYO

おすすめを聞いてみたら、全部だっていうので一番上に書いてあった「ダブルダブル」をオーダー。お値段は700円。ドリンクとポテトのセットが+200円だったので、合計900円。オニオンはどうする?と聞かれたのでグリルドでお願いしてみた。現地(アメリカ)の価格は店舗によって差があるようだが、5~6ドルなので、若干高い目の設定だ。

ダイエットコークを飲みながら待つ。広報っぽい方に写真を撮ってもらったり、店内を散策したり。ZipZapはかなり広い店舗だが、その2/3ぐらいを席として開放し、1/3ぐらいのスペースで調理をしているっぽかった。店内の様子はスリーピーヘッドジェイミーのブログが詳しい。

IN-N-OUT BURGER in Japan!4時間限定日本初上陸!

なんやかんやと10分ほど待ってやってきたダブルダブルのセットがこちら。

IN-N-OUT TOKYO

このハンバーガー袋にギュッと押し込んでいる感じがアメリカっぽい。

IN-N-OUT TOKYO

ダブルダブルは文字通りダブルパティ、ダブルチーズ。そこにオニオンとトマトとレタスというシンプルな内容。

IN-N-OUT TOKYO

がぶりとかぶりついてみると、なるほどたくましい味だ。少しカスっとしているけど、少し甘い目のバンズ、グイグイ押してくる食感のパティ。そこにまとわりつくようなチーズ。一言で表しづらいけど無骨でワイルドだ。

食べながら考えていたけど、日本にはこれに似たハンバーガーはちょっと無いかもしれない。あえて言うなら、「昔のウェンディーズ」と「発売された当初のフレッシュネスのクラシックバーガー」に少し近いものを感じた気がする。少なくともマクドナルドやモスとはぜんぜん違う。

こういうハンバーガーが500円ぐらいで、しかもセットで販売されたりしたら意外と面白いんじゃないかなと思う。ジャンクな肉が食べたい!と思う層などにヒットするかもしれない。

今回はマーケティングの一環ということで、これがそのままIN-N-OUTの日本上陸!ということには直結しない。ただ、平日の昼間という難しい時間にもかかわらず並んでくれる人がいて、笑顔でハンバーガーを食べる人がいて。日本にもIN-N-OUTが好きだって人がたくさんいることがわかってもらえたと思う。

IN-N-OUTは西海岸から出ないってもっぱらの噂だけど、ぜひ日本には進出してほしい。

IN-N-OUT TOKYO

━━◆━━店情報━━◆━━
店名:IN-N-OUT BURGER(インアンドアウト バーガー)
住所:今回はプロモーションでZipZap
URL:http://www.innout.com/


関連記事

まねきねこダックカフェ 10/02/15

2010 年 2 月 18 日 コメント 2 件

通算604種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『まねきねこダックカフェ』。場所は六本木ヒルズ。

アフラックのCMで有名になった「まねきねこダック」。その限定カフェが六本木ヒルズに2010年2/11(木)~2/21(日)の11日間だけオープン。せっかくなので行ってみることに。六本木駅から六本木ヒルズに出て、ビル沿いに左に行った場所。

まねきねこダックカフェ

ランチタイムは11時~15時。フードメニューのトップにあるのがまねきねこダックバーガー(1000円)だ。小さいお子さん用に「お子様用ミニバーガープレート(650円)」もある。

迷うことなく、まねきねこダックバーガーをオーダー。ランチタイムはドリンク付き。コーヒーor紅茶から選べる。しかもお代わり自由だ。

店内はかなり広いが、余裕を持ったつくりで、お子様連れも安心してゆっくりできる。店のあちこちに歴代のダックが飾られている。ひときわ大きいのがまねきねこダック。

まねきねこダックカフェ

店内をウロウロしていると、いつの間にか席に運ばれていたのが、まねきねこダックバーガー。ポテトとコーン、ミニロールケーキ付だ。

まねきねこダックカフェ

バンズには焼印が押してあって、正面から見るとまねきねこダックになっている。

まねきねこダックカフェ

バンズと比較すると、中が少々小さい気もするが、小気味の良い形のハンバーガー。

まねきねこダックカフェ

ちゃんと用意されたハンバーガー袋に入れて食べる。中身は、下からパティ、チーズ、オニオン、トマト、レタス。

バンズはグラハムを少し含んでいて、ほんのりと甘い。アツアツではなかったが、単体で食べてもおいしいパンだった。パティはほぼハンバーグのようなこね方。塩加減は控えめで、その分チーズの味が際立つ。

レタスはカットではないため、見栄えはよくないが、しゃきしゃきで新鮮なものを使用していた。トマトとオニオンが少々小さかったが、存在感は十分。

見た目のかわいさに目を取られてしまったが、思いのほかちゃんと作られていたのでびっくりした。

店内には「応援メッセージツリー」があって、自分や大切な人へのメッセージを書くことができる。メッセージカードは運が良ければ笑顔の素敵なお姉さんに配ってもらえる。

まねきねこダックカフェ

メッセージカードを吊るしたら、最後はおみくじを引いて終了。

まねきねこダックカフェ

広くていろいろ展示物のある店内は、大人が行っても子供が行っても楽しめそう。期間限定ですので、興味がある方は行ってみてはいかがでしょう。

━━◆━━店情報━━◆━━
店名:まねきねこダックカフェ
住所:東京都港区六本木6-10-1
場所:ココ
営業時間:11:00~23:00
期間限定:2月11日(木・祝)~2月21日(日)
TEL:03-6419-1319
URL:http://www.roppongihills.com/events/2010/02/hcs_aflac-cafe.html

まねきねこダックカフェ (カフェ / 六本木、麻布十番、乃木坂)
★★★☆☆ 3.0


関連記事

牛匠かぐら(かぐらの和牛ハンバーガー) 09/01/10

2009 年 1 月 11 日 コメント 6 件

通算512種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、伊勢丹新宿店の「京都展」(2009年1月7日~12日開催)。

京都伏見の牛肉店「牛匠かぐら」が『かぐらの和牛ハンバーガー』と称した限定ハンバーガーを提供しているということでさっそく行ってみた。

京都展の一番奥。わりと賑わっていた場所に発見、「伏見/牛匠かぐら」の文字。焼いているところを見ることも出来る。

牛匠かぐらの和牛ハンバーガー

かぐらの和牛ハンバーガーは2種類のソースから選べる模様。

・金山寺味噌とタルタルソース

・べったら漬けとタルタルソース

どちらも1日100食限定だ。今回は金山寺味噌とタルタルソースを選んでオーダー。お値段は650円と見せかけて649円。

イートインコーナーが併設されているけど、座れるのは7、8人。催し会場だから、その辺は仕方ない。

10分ぐらいでお皿に載って運ばれてきたかぐらの和牛ハンバーガー

牛匠かぐらの和牛ハンバーガー

バンズはホワイトではなく胚芽入り。

牛匠かぐらの和牛ハンバーガー

和牛のパティの上には金山寺味噌とタルタルソース。野菜無しのシンプルハンバーガー。

牛匠かぐらの和牛ハンバーガー

お値段の割には少々控えめサイズなハンバーガーだけど、和牛を使っているなら、それぐらいするかもしれない。

バンズは程よく麦の香りが漂っていて上手く仕上がっている。パティの焼加減はミディアムで中が柔らかく非常に美味しい……だろうと感じた。

だろう、といわざるを得ない理由が金山寺味噌。この味噌が存在感はハンパじゃなかった。芳醇な味噌の香りと濃い味がハンバーガー全体を包んでしまっていて、せっかくの和牛パティを完全に食ってしまっていた。

牛匠かぐらの和牛ハンバーガー

幾つか調べてみたら、べったら漬けのほうが良かったっぽい感じも。両方頼んだらよかったかな。

ちなみに、このハンバーガーは伊勢丹新宿店の京都展限定伏見の肉家かぐらに行っても提供してませんので注意を!

かぐらの和牛ハンバーガーを紹介したブログなどはこちら↓

あまん坊の掘立小屋日記

ちんはら風呂

━━◆━━店情報━━◆━━

店名:牛匠かぐら(伊勢丹新宿店の京都展(1/7~1/12限定)
住所:新宿区新宿3-14-1(催し物会場6階)
場所:ココ
営業時間:10:00~20:00(最終日は18時)
TEL:大代表:03-3352-1111
URL:伊勢丹新宿店(京都展)


関連記事

ハンバーガースタンド匠(たくみ) 08/09/10

2008 年 9 月 18 日 コメント 5 件

━※━復活しました!━※━

通算490種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『ハンバーガースタンド 匠(たくみ)』。京都では初の移動式販売ハンバーガー。

移動式だけあって、毎日売っている場所が違う。公式Webサイト(ハンバーガースタンド匠)をチェックし、行き違いの無いようにしたい。基本的に定休日は月曜日。ただし、祝日の場合は営業。

京都市内、あるいは亀岡など様々な場所に出現するハンバーガースタンド匠だが、この日(9月10日水曜日)は大国屋 白川店にて販売との情報。実家からも近いのでチャリンコでサクサクと訪れた。

場所は白川通りと今出川通りの交差点を少し上がった場所。有名な史跡としては慈照寺(銀閣)や哲学の道などがある。バス停は「銀閣寺道」が近い。

ハンバーガースタンド匠(外観)

(黒い車がハンバーガースタンド匠です)

こちらのハンバーガースタンド匠は2008年5月1日にオープン。オープンしたときから注目していたハンバーガー屋さんの一つ。

メニューはハンバーガーが6種類。スタンダードな「オリジナル:730円(950円)」からチーズ:830円(1050円)、BLT:880円(1100円)、アボカド:880円(1100円)までわりとシンプルなラインアップだ。(カッコ内はセット価格)

今回は初めてということで、チーズバーガーをセットでオーダー。セットにはフライドポテト・オニオンリング・スタンダードドリンクが付く。スタンダードドリンクはルートビアを選択。(関係ないけど、ウチの叔父さんはルートビアが大好きだ)

10分少々かかります」という声とともに札を渡されて待つ。店(ワゴン)の前で待つ間に読むものといえば、おなじみ「ハンバーガーストリート」しかない。こちらのハンバーガースタンド匠も取り扱い店舗です。よろしく!

ハンバーガースタンド匠(ハンバーガーストリート)

待っている間にも次々と訪れるお客さん。時折、修学旅行と思われる高校生の集団が通りかかるのも京都ならではといった感じだ。

そんなわけで、15分ほど経った頃に番号を呼ばれた。残念ながら撮影に適したスペースが無いので、申し訳ないがハンバーガーストリートをちょっと台座にして。シンプルな袋にセットが梱包。

ハンバーガースタンド匠(ハンバーガー)

袋を開けると、注意書き。手作りだから早く食べてね!ってこと。ある程度冷めても美味しいとは思うけど、やっぱりハンバーガーは出来たてが一番。

ハンバーガースタンド匠(ハンバーガー)

紙袋と同じ、ハンバーガー袋に綺麗に包まれたチーズバーガー。

ハンバーガースタンド匠(チーズバーガー)

袋を丁寧に開けると美味しそうなチーズバーガーが顔を出す。バンズはつるっとして、見るからにフンワリとしているのがわかる。

ハンバーガースタンド匠(チーズバーガー)

中にはアツアツで解けたばかりのチーズとパティ、レタスとトマトとシンプルな内容が確認できる。

ハンバーガースタンド匠(チーズバーガー)

食べてみてびっくりしたのはパティ。このパティはかなり上級クラスだ。牛100%であるとか、つなぎがないとか、そんなことは別(当然)として、焼目の付け方と中に閉じ込めた肉汁のバランスが最高に素晴らしい。

ちょっと濃い目の味のチェダーチーズとオリジナルトマトソースはもちろん素晴らしいのだが、全てはこの素晴らしいパティの味を目立たせるための脇役に過ぎないと感じてしまった。

忘れてはいけないのはバンズ。このバンズが全体の味のバランスを整え、包み込んでくれていた。全体として味・バランスが高レベルなハンバーガーと感じた。

やっぱりハンバーガーと言えばルートビアだ。それもDAD’Sのルートビアがいい」と言っていたのはAunty-Mee Burgerのご主人(残念ながら今回は行けませんでした、ごめんなさい)。ポテトとオニオンリングに最高に合います。

ハンバーガースタンド匠(ルートビア)

いずれにせよ、ハンバーガースタンド匠は非常にレベルの高いハンバーガーでした。レベルの高いハンバーガーに出会えて満足です。

前述の通り、この付近には銀閣や哲学の道など史跡が多い。

哲学の道

しかし、個人的にオススメは大文字山だ。京都で盆の終わり(8月16日)に行われる五山の送り火(Wikipedia)の大の字で有名な如意ヶ岳は慈照寺(銀閣)のすぐ脇から登ることが出来る。

大の字の火床のある場所までは30分~40分ぐらい(ちょっとした山道)。観光も楽しいけれど、こういったハイキングを楽しめるのも京都の良いところだ。大の字からは京都が一望できる。機会があれば是非!

大文字

登り終ってから、「あ、ここで食べればよかったんだ」と思った。失敗!

━━◆━━店情報━━◆━━
店名:ハンバーガースタンド匠(たくみ)
住所:移動式(公式Webサイトで確認を!)
場所:ココ
営業時間:場所によりけりだが、ほぼ11:00~
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
TEL:080-6202-0141
URL:http://takumi.hitkit.jp/


関連記事

ほそやのサンド(松屋浅草物産展) 08/07/27

2008 年 7 月 28 日 コメント 5 件

通算476種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『松屋浅草』。場所はもちろん、浅草。

7月23日~29日にかけて開催中の「山形・宮城・福島物産展」に仙台の名店『ほそやのサンド』が出店中と聞きつけ、行ってみた次第。
(あまん坊さん、情報ありがとうございます)

松屋浅草

日曜の昼下がりということで、混み合った物産展の中、どこかな?と探していたら、見るからにハンバーガーを作っているブースを発見。

ほそや(松屋浅草)

あの、ハンバーガー欲しいんですが」と聞いたら、「ここは作るところで、注文はあっちでお願いします」と。注文するところは別にあったもよう。

ほそや(松屋浅草)

メニューは2つだけ。『ほそやのジャンボバーガー(600円)』と『ほそやのジャンボチーズバーガー(650円)』。

せっかくならチーズ入りを。ということで『ほそやのジャンボチーズバーガー』をオーダー。「ご一緒にドリンクは?」と聞かれたので反射的にコーラ(200円)をオーダー。

レジ横にある保温機(っていうのかな?)にある作り置きのチーズバーガーを渡される。すぐ後ろに食べるスペースがあるので、そこで食べることに。

ほそや(松屋浅草)

初めて見るハンバーガー袋。Ham-burgerと書かれている。上には「チーズ」と。

ほそや(松屋浅草)

出してみたジャンボチーズバーガー。素晴らしくシンプル。

ほそや(松屋浅草)

少し上バンをずらして中を確認すると、大きなパティにたっぷりのチーズ、そして隠れているのが少量のオニオンとレタス。ソースはデミグラス。

ほそや(松屋浅草)

パティはミディアムに焼き上げられていて、アツアツだったら美味しいだろうと容易に想像できそう。ただ、少々時間が経っているせいか、ジューシーさにはかけていた。

レタスとオニオンにほとんど存在感は無いものの、代わり……と言ってはナンだが圧倒的に味を主張していたのはチーズだった。

このチーズとデミグラスソース、そして前述のパティの相性はよく、素朴感たっぷりのハンバーガーに大きなアクセントを与えていたような気がした。

せっかくの催事場なので出来たてを食べてみたかった。というのが唯一の心残り。

やっぱりここは本場仙台に行ってほそやのサンドを食べてみないと。

松屋浅草の「山形・宮城・福島物産展」は7月29日(火)までです。

━━◆━━催事情報━━◆━━
店名:ほそやのサンド(松屋浅草の「山形・宮城・福島物産展」
住所:東京都台東区花川戸1-4-1 松屋浅草7F大催場
場所:詳しい地図で見る
営業時間:2008年7月23日~29日(最終日は17時まで)
URL:http://www.matsuya.com/asakusa/topics/080729e_busanten/index.html

━━◆━━元店情報━━◆━━
店名:サンドイッチほそや
住所:宮城県仙台市青葉区国分町2-10-7 大内ビル1階
場所:詳しい地図で見る
営業時間:[平日]11:30 – 22:00
[土曜日]12:00 – 22:00
[日曜・祝日]11:30 – 20:00
定休日:月曜日・年末年始
(第1・第3・第5月曜日 1/1-1/2)
TEL:022-223-9228 5
URL:なし


関連記事