アーカイブ

‘ハンバーガー(東京都23区)’ カテゴリーのアーカイブ

SATSUKI(ホテルニューオータニ)のSATSUKIプレミアムバーガー

久しぶりに書くので書き出しも忘れてしまったけど、この日ハンバーガーを食べるために訪れたのはホテルニューオータニ。東京・大阪・幕張と3つあるが、この日は赤坂(紀尾井町)に。直結の路線はないけど、赤坂見附・永田町が便利。麹町から歩くこともできる。最近赤プリこと赤坂プリンスホテルの跡地に「東京ガーデンテラス紀尾井町」が完成し、紀尾井町界隈がホットな地域。

ホテルニューオータニには当然のことながらたくさんのお店が入っていて、ハンバーガーを提供しているお店も多い。例えばTRADER VICSは以前から素晴らしいホテルバーガーを提供している。GARDEN LOUNGEでもオリジナルハンバーガーを提供していた時期があった。(ホテルニューオータニのガーデンラウンジで贅沢なフィッシュバーガー(GARDEN LOUNGE(GLバーガーFISH) 2012/10/12))

この日訪れたのは「SATSUKI」。入り口をは行ってすぐの場所にあるので、ホテルの滞在客だけでなく、打合せに使う方など、色んな方でお店はほぼ満席。この日は年末ということもあり、クリスマスリーフで飾られていた。

さて、お目当てはハンバーガー。SATSUKIが自信を持って提供をする「SATSUKIプレミアムバーガー」。通常メニューとしてビーフ100%ハンバーガーも提供しているが、それとは別にラインナップに加わったのがプレミアムバーガー。「SATSUKIプレミアムサーモンバーガー」「SATSUKIプレミアム和牛バーガー」「SATSUKIプレミアム鯛バーガー」の3種類で展開している。

まずはドリンク。小松菜を使ったスムージーを限定で提供されているということでそちらからいただいてみた。非常にサッパリしていて飲みやすい!

この日は複数人だったので、ハンバーガーを2種類頼んでシェア。まずは通常メニューの「ビーフ100%ハンバーガー」。お値段は2,500円。これにチーズトッピングで+300円。ほかにもアボカド・ベーコンをそれぞれ+300円でトッピングすることができる。

10分〜15分ほどでやってきたビーフ100%ハンバーガーがこちら。

付け合せなどはシンプルで、ハンバーガーがメイン。圧倒的なボリュームのパティ、そのしたには見えづらいけどトマトとレタスが。

よくよく見るとビーフパティの上に乗ったチーズはオニオンにがっつり絡んでいる。おそらくビーフパティの上にグリルドオニオン、チーズを乗せて蒸らしているのでは?と想像できる。

一言で言うと非常にシンプルながらそれぞれの具材のレベルが高い一品。味付けはほとんど塩と胡椒。シャキシャキの野菜による食感、グリルドオニオンから出てくる甘味とチーズからのまろやかさ、それぞれのバランスが良い。ホテルバーガーの良いところはバンズを自家製で作れるところ。このバンズも主張が抑えられていて食べやすい。シンプルだけどレベルが高いってこういうハンバーガーを言うんだな、という典型的なハンバーガー。

続いて、お待ちかねの「SATSUKIプレミアム和牛バーガー」。こちらは4,200円。なかなかの高級ハンバーガーだが、出てきたプレートもゴージャスだ。

オープンスタイルで提供されるハンバーガーは下の部分がレタスとボリューム満点のパティ。

上のバンズ(クラウン)のうらに塗られているのがオリジナルのオランデーズソースとバジル。

完成したハンバーガーがこんな感じ。かなりの高さになっている。パティがハーフパウンド(約225グラム)もあるんだから当然か。

通常のハンバーガーと比較するとこちらのハンバーガーはシンプルではない。色んな味が複雑に絡んで絶妙のバランスを作り上げている。特徴的なのは複数使われているスパイスだろう。まず黒毛和牛100%のパティに使われているクミン。そして、このパティを包んでいる特製スパイシーデミグラスソース。チーズはあえてのパルメジアーノ。少し濃くなり過ぎそうなデミグラスソースとパティをスパイスが緩和していいバランスを出している。

これを挟むのがオリジナルのバンズ、Jシリアルバンズだ。玄米をベースにアワとかヒエとか何やら色々配合したというバンズはカリカリの焼き加減でガッチリ味を包み込んでいる。通常のハンバーガーと一緒に食べるとハンバーガーの方向性がぜんぜん違うことがわかるだろう。どちらのハンバーガーも満足。

帰る前に、もう一つ忘れてはいけないのが、このSATSUKIにパティスリーが併設されていること。デザートを食べないと帰れない。

SATSUKIにはショートケーキが3種類ある。普通のショートケーキ。そしてちょっと贅沢なスーパーシリーズから「スーパーショートケーキ」。そして、最後は限定で販売されている「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」だ。

今回は贅沢三昧ということで、「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」を。1日限定10個。お値段は3,000円!

崖のようにそそり立つフォルム。

あまおうがこれでもか!とばかりにふんだんに使われた一品で、満足度は十分高い。頑張った自分へのご褒美とか、そんな感じで是非食べて欲しい。大満足の年末でした。

━━◆━━店情報━━◆━━
店名:SATSUKI(サツキ)ホテルニューオータニ
URL:http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/satsuki/index.html
場所:東京都千代田区紀尾井町4-1

SATSUKIダイニングバー / 麹町駅永田町駅赤坂見附駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


関連記事

Sun2Dinerで秋(9月)の限定メニュー、栗キントンバーガーを食べました!

目黒銀座の名店「Sun2Diner」、9月のマンスリーバーガーは秋の味覚「栗」を使った栗キントンバーガー!

Sun2Diner

====

通算(何種類目か既に忘れてしまっているので、とりあえず空欄)○○種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『Sun2Diner(サンツーダイナー)』。場所は目黒銀座。

目黒銀座は中目黒から東横線沿いに祐天寺方面に続く商店街だ。その目黒銀座を中目黒方面からテクテク歩くこと5分少々。T字の突き当りの手前にあるお店がSun2Diner。ガラス張りに青い看板が目印だ。

Sun2Diner

Sun2Dinerはこのところ(といっても随分経つが)ビールにこだわっており、生ビールのタップが2本ある。ひとつはエビス。もう一つは期間限定で、この日は志賀高原ビールの「ちょっとベルジャンウィートエール」。なかなか並みのお店では置いていないセレクトだ。

Sun2Diner

ちょっとベルジャンというだけあって、小麦の持つ穀物の香り、柑橘系の風味を残しながらそこまで濃くはない口当たりで非常に飲みやすい。

さて、ハンバーガーに行く前に頼んでみたのが「自家製コーンビーフ ~メルバトースト添え~」。

Sun2Diner

最近ハンバーガー屋さんというかダイナーで「コーンビーフ」を食べるのが小さなマイブーム。Sun2Dinerのコーンビーフはじっくりとハーブと煮込みながら、肉の繊維とコクが程よく残っていてパンとよく合う。こいつぁ頼んで正解。

さて、ようやく主役のハンバーガー。御存知の通りSun2Dinerでは毎月マンスリーバーガーを提供している。今月(2013年9月)は「栗キントンバーガー」だ。ちょっとほかじゃ見ないネーミングだが、果たしてどうなんだろうか。

そもそも栗キントンとハンバーガーを合わせようという発想が普通じゃない。聞いてみたら「他のお店じゃ絶対ヤラないことをやりたいんですよね」と。そして登場したハンバーガーがこれだ。

Sun2Diner

横から見るとその秘密を少し垣間見ることができる。まずパティが牛肉ではない。そう、豚のコンフィを使っているのだ。なかなか珍しいっていうか、そんなの見たことがない。

Sun2Diner

さらにバンズをどけてみると、あっと驚く構成。

Sun2Diner

豚のコンフィの上に乗っているのがチーズ。その上に乗っているペーストが自家製の「栗きんとん」だ。更に横のずらしてしまったが上に乗るのがこちらも自家製の「黒ゴマせんべい」。独創的すぎる。

最初に口に入れて感じるのは、黒ゴマせんべいの「パリッ」とした食感。その後に栗きんとん、チーズと続いて豚のコンフィに辿り着くんのだが、ここで溢れるのが豚の旨味。このハンバーガーの凄いところは「豚の旨味」「チーズの塩味」「栗きんとんの甘味」が一体になっているところ。

それだけだと、少し口が重たくなってしまうが、豚のコンフィの下には春菊が敷かれている。この春菊が後味を爽やかにしてくれるという、まさに絶妙のハンバーガー。こんな発想はなかったけど、いろいろ巡り巡って完成度は高い。

いつも面白いハンバーガーをマンスリーで提供してくれるSun2Dinerだが、レギュラーメニューももちろん美味しい。こちらはベーコンチーズバーガー

Sun2Diner

こういうオーソドックスなものから、少し変わったものも出してくれるのがダイナーの魅力だと思う。中目黒・祐天寺あたりで夜を過ごしたい方はぜひ!

━━◆━━店情報━━◆━━

店名:Sun2Diner(サンツーダイナー)

住所:目黒区上目黒2-43-11 1F

場所:ココ

営業時間:[平日]11:00~15:30(LO15:00)、17:00~23:00(LO22:30)

[土・日・祝]11:00~23:00(LO22:30)

定休日:不定休

TEL:03-5724-3330

URL:http://sun2diner.com/


関連記事

肉の旨味を噛み締めるハンバーガー、MUNCH’S BURGERが移転!(MUNCH’S BURGER 2013/05/03)

芝商店街の名店「MUNCH’S BURGER」が少しだけ移転しました。歩いて2〜3分と近場だけど店もハンバーガーもグレードアップしました!

Munch's Burger

====

通算(何種類目か既に忘れてしまっているので、とりあえず空欄)○○種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『MUNCH’S BURGER(マンチズバーガー)』。場所は芝。

浜松町と 芝公園、三田の間ぐらいにある「芝商店会(オフィシャルサイト)」。その芝四丁目入り口から入ってすぐの場所に以前はあったのだが、つい先日、ちょうど中央ぐらいにあるセブンイレブンを曲がった場所に移転した。

Munch's Burger

以前は細長い店舗だったが、移転した先はかなり広い。まず、入り口が2階に変わった。入ってすぐにレジと奥に厨房。左手にテーブル席。

更に奥に行くと階段を発見。とことこと降りると、1階にも大きな空間が。要はかなり広くなったということ。ということで、2階のカウンター席に座りまずオーダーしたのはコーラ。

Munch's Burger

ハンバーガーは少し迷ったけど、「本日のおすすめチーズバーガー」を。日替わりでオススメの「チーズ」があって、それを選ぶことができる。

他のは何だったか忘れたけど、選んだのは「ペッパージャック」。モントレージャックにスパイシーさを混ぜた独特のチーズだ。

ポテトとピクルスがついてきて、全体のセットはこんな感じだ。

Munch's Burger

真横から見たところ。チーズのタレ具合が半端ない。こういうビジュアルはちょっとルール違反かと思ってしまう。

Munch's Burger

積む順番はパティが一番下で野菜が上というスタイル。レタスは丁寧に折りたたまれ、レリッシュが気持ち程度に。

Munch's Burger

用意されたハンバーガー袋に入れて食べる。パティは程よく焦がしてあり、さくっとした食感が嬉しい。レタスはシャキシャキ。

Munch's Burger

MUNCH’S BURGERの特徴といえばなんといってもパティだ。粗挽きに切ってチョップしたミート。ゴツゴツした食感と溢れる肉汁を感じることができる。これを柔らかいチーズが包んでくれるのだ。

炭火になったことで、味と香りに深みが増したと思う。もともとレベルが高いと感じていたけど、もっといいお店になった。

芝付近に来られたらぜひ。芝商店会の中程あたりにあります。

Munch's Burger

━━◆━━店情報━━◆━━

店名:MUNCH’S BURGER(マンチズバーガー)

住所:東京都港区芝2-26-1 i・smartビル 1F・2F

場所:ココ

営業時間:平日(Lunch:11時~16時、Dinner:17時~22時)

土(11時〜22時)、日(11時〜19時)

※ただし、ハンバーガーが売り切れると閉店
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

TEL:03-6435-3166

URL:http://www.munchs.jp/


関連記事

大井町の名店が本日閉店!ベーコンチーズバーガーをいただきました。(Trust Saloon 2013/05/15)

大井町のバー「Trust Saloon」が5年の営業を経て、2013年5月26日に閉店(正式には移転)することになり、5年ぶりに訪れました。

Trust Saloon

====

通算(何種類目か既に忘れてしまっているので、とりあえず空欄)○○種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『Trust Saloon(トラストサルーン)』。場所は大井町。

大井町の駅を降りて、西口に。線路にそって南に続く道を3分ほど歩いた場所に、おしゃれな外観のお店がある。そこがトラストサルーン。

Trust Saloon

ここを訪れるのは実に5年ぶり。前に訪れたのはオープンして1ヶ月ほどたった2008年6月(Trust Saloon 08/06/11)だったようだ。かっこいい看板も変わらない。

Trust Saloon

以前も書いたとおり、ここはハンバーガー屋さんではない。大人が気持ちいい時間を過ごせる「バー」なのだ。ということで、まずはビール。

Trust Saloon

カウンター席が少し混み合っていたが、オーダーしたのはチーズバーガーのベーコントッピング(要はベーコンチーズバーガー)。カウンターに座るとできていくのが見えるので楽しい。

10分ほどたってやってきたのがこちら。Trust Saloonのハンバーガーはオープンスタイルで出てくるのが特徴。

Trust Saloon

クラウンをかぶせてみたところ。非常にバランスの良い外観。少し店内が暗いので見えづらいかもしれない。

Trust Saloon

小さな話だが、Trust Saloonの食器はほとんどファイアーキング。既に製造していないお皿がこんなにあるってのは凄いと思う。

Trust Saloonのハンバーガーの特徴。それは「Genuine Hand Made」であること。凄くシンプルだが安心できる味が染み出しているのは手作りにこだわっているからだ。

他では出せない味を提供する。だからといって奇をてらっているわけではない。パテもバンズも自家製。だからTrustできるんだって思う。

繰り返すようだが、Trust Saloonはバー。普通のバートの違いは「ちょっと珍しいお酒が置いてある」こと。すでに製造していなかったり発売していないお酒が飲めるのがマニア心をくすぐる。

この日いただいたのは「軽井沢」。国産初のピュアモルトウィスキー。だが、すでに販売は終了している模様。

そしてもうひとつはJack Daniel のGold Medal。なかなか手に入らないレアモノだ。

Trust Saloon

こんなステキなお店が閉店してしまうのは残念でならないが、新しいチャレンジということで、遠くで近くで応援したい。

Trust Saloon

━━◆━━店情報━━◆━━

店名:Trust Saloon(トラスト サルーン)

住所:東京都品川区大井4-10-7

場所:ココ

営業時間:18:00~26:00(日:〜24:00)

定休日:月曜日

閉店日:2013/05/26

TEL:03-5742-3302

URL:http://www.trust-saloon.com/


関連記事

ホテルニューオータニのガーデンラウンジで贅沢なチキンバーガー(GARDEN LOUNGE(GLバーガーCHICKEN) 2012/10/12)

ホテルニューオータニのメインカフェラウンジ、「ガーデンラウンジ」で今年(2012年)8月から発売の3つの最強ハンバーガー。香鶏(かおりどり)を使ったCHICKEN(チキン)をいただきました。

Garden Lounge CHICKEN

====

通算706種類目のハンバーガーを食べるために、この日訪れたのは、『GARDEN LOUNGE(ガーデンラウンジ)』。場所は紀尾井町、ホテルニューオータニ内。

前回、前々回の続き。今回は3つのハンバーガーの中から……

Garden Lounge 	GL BURGER

CHICKENを。香鶏(泰山鶏)を贅沢に使ったチキンバーガー。お値段は2400円。

Garden Lounge CHICKEN

チキンの厚みが凄い。もう少し平べったいのを想像していたが、ごつい。

Garden Lounge CHICKEN

チキンの上にはコールスローと大きい目にカットしたピクルス。

Garden Lounge CHICKEN

GL BURGER(CHICKEN)の断面図がこちら。チキンが野菜に挟まれている様子がよく分かる。

Garden Lounge CHICKEN

「スタンダードをもっと美味しく、新しく」を目標に「定番に新たな驚きをプラス」したハンバーガー。

チキンでは香鶏(泰山鶏)を使用し、塩麹でマリネ。これを2層式(竜田揚げとパン粉揚げ)の衣で包む。

竜田揚げでもない、パン粉揚げでもない、面白い食感。チキンは噛みごたえがよく、肉の繊維の間からジュワッと肉汁が出てくるのが特徴だ。

しばらく食べ進めると味のアクセントになるピクルスが登場。あえて大きい目にカットしたという狙いが効いている。噛みごたえもあるし、口の中にさわやかな酸味を広げてくれる

おそらく3種のハンバーガーの中でも最も水分が多いだろうCHICKIN。その水分をがっちりキャッチしてくれるバンズはもちろん米粉をねりこんだ特製。

かなり贅沢だが、食べ終わりまでの工程をきっちり考えて作られたチキンバーガー。是非試してみてください。

━━◆━━店情報━━◆━━

店名:GARDEN LOUNGE(ガーデンラウンジ)

住所:東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京 ロビィ階

場所:ココ

営業時間:GLバーガーの提供時間:14:30〜20:00

定休日:なし

TEL:03-5226-0246

URL:http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/gardenlounge/index.html


関連記事