アーカイブ

‘和牛’ タグのついている投稿

SATSUKI(ホテルニューオータニ)のSATSUKIプレミアムバーガー

久しぶりに書くので書き出しも忘れてしまったけど、この日ハンバーガーを食べるために訪れたのはホテルニューオータニ。東京・大阪・幕張と3つあるが、この日は赤坂(紀尾井町)に。直結の路線はないけど、赤坂見附・永田町が便利。麹町から歩くこともできる。最近赤プリこと赤坂プリンスホテルの跡地に「東京ガーデンテラス紀尾井町」が完成し、紀尾井町界隈がホットな地域。

ホテルニューオータニには当然のことながらたくさんのお店が入っていて、ハンバーガーを提供しているお店も多い。例えばTRADER VICSは以前から素晴らしいホテルバーガーを提供している。GARDEN LOUNGEでもオリジナルハンバーガーを提供していた時期があった。(ホテルニューオータニのガーデンラウンジで贅沢なフィッシュバーガー(GARDEN LOUNGE(GLバーガーFISH) 2012/10/12))

この日訪れたのは「SATSUKI」。入り口をは行ってすぐの場所にあるので、ホテルの滞在客だけでなく、打合せに使う方など、色んな方でお店はほぼ満席。この日は年末ということもあり、クリスマスリーフで飾られていた。

さて、お目当てはハンバーガー。SATSUKIが自信を持って提供をする「SATSUKIプレミアムバーガー」。通常メニューとしてビーフ100%ハンバーガーも提供しているが、それとは別にラインナップに加わったのがプレミアムバーガー。「SATSUKIプレミアムサーモンバーガー」「SATSUKIプレミアム和牛バーガー」「SATSUKIプレミアム鯛バーガー」の3種類で展開している。

まずはドリンク。小松菜を使ったスムージーを限定で提供されているということでそちらからいただいてみた。非常にサッパリしていて飲みやすい!

この日は複数人だったので、ハンバーガーを2種類頼んでシェア。まずは通常メニューの「ビーフ100%ハンバーガー」。お値段は2,500円。これにチーズトッピングで+300円。ほかにもアボカド・ベーコンをそれぞれ+300円でトッピングすることができる。

10分〜15分ほどでやってきたビーフ100%ハンバーガーがこちら。

付け合せなどはシンプルで、ハンバーガーがメイン。圧倒的なボリュームのパティ、そのしたには見えづらいけどトマトとレタスが。

よくよく見るとビーフパティの上に乗ったチーズはオニオンにがっつり絡んでいる。おそらくビーフパティの上にグリルドオニオン、チーズを乗せて蒸らしているのでは?と想像できる。

一言で言うと非常にシンプルながらそれぞれの具材のレベルが高い一品。味付けはほとんど塩と胡椒。シャキシャキの野菜による食感、グリルドオニオンから出てくる甘味とチーズからのまろやかさ、それぞれのバランスが良い。ホテルバーガーの良いところはバンズを自家製で作れるところ。このバンズも主張が抑えられていて食べやすい。シンプルだけどレベルが高いってこういうハンバーガーを言うんだな、という典型的なハンバーガー。

続いて、お待ちかねの「SATSUKIプレミアム和牛バーガー」。こちらは4,200円。なかなかの高級ハンバーガーだが、出てきたプレートもゴージャスだ。

オープンスタイルで提供されるハンバーガーは下の部分がレタスとボリューム満点のパティ。

上のバンズ(クラウン)のうらに塗られているのがオリジナルのオランデーズソースとバジル。

完成したハンバーガーがこんな感じ。かなりの高さになっている。パティがハーフパウンド(約225グラム)もあるんだから当然か。

通常のハンバーガーと比較するとこちらのハンバーガーはシンプルではない。色んな味が複雑に絡んで絶妙のバランスを作り上げている。特徴的なのは複数使われているスパイスだろう。まず黒毛和牛100%のパティに使われているクミン。そして、このパティを包んでいる特製スパイシーデミグラスソース。チーズはあえてのパルメジアーノ。少し濃くなり過ぎそうなデミグラスソースとパティをスパイスが緩和していいバランスを出している。

これを挟むのがオリジナルのバンズ、Jシリアルバンズだ。玄米をベースにアワとかヒエとか何やら色々配合したというバンズはカリカリの焼き加減でガッチリ味を包み込んでいる。通常のハンバーガーと一緒に食べるとハンバーガーの方向性がぜんぜん違うことがわかるだろう。どちらのハンバーガーも満足。

帰る前に、もう一つ忘れてはいけないのが、このSATSUKIにパティスリーが併設されていること。デザートを食べないと帰れない。

SATSUKIにはショートケーキが3種類ある。普通のショートケーキ。そしてちょっと贅沢なスーパーシリーズから「スーパーショートケーキ」。そして、最後は限定で販売されている「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」だ。

今回は贅沢三昧ということで、「エクストラスーパーあまおうショートケーキ」を。1日限定10個。お値段は3,000円!

崖のようにそそり立つフォルム。

あまおうがこれでもか!とばかりにふんだんに使われた一品で、満足度は十分高い。頑張った自分へのご褒美とか、そんな感じで是非食べて欲しい。大満足の年末でした。

━━◆━━店情報━━◆━━
店名:SATSUKI(サツキ)ホテルニューオータニ
URL:http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/satsuki/index.html
場所:東京都千代田区紀尾井町4-1

SATSUKIダイニングバー / 麹町駅永田町駅赤坂見附駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


関連記事

肉本の紹介:熟成・希少部位・塊焼き 日本の宝・和牛の真髄を食らい尽くす

お知らせです。

以前から懇意にさせていただいていた「肉おじさん」こと千葉祐士(ちばますお)さんが、肉本「熟成・希少部位・塊焼き 日本の宝・和牛の真髄を食らい尽くす(講談社)」を出版されました。

千葉さんは1999年から焼肉店を運営、「格之進」と名のついたお店をご存じの方も多いと思います。

格之進各店舗の紹介

千葉さんの肉、特に和牛に対する思いは本当に強く、その実績は格之進各店舗の評価の高さだけでなく、日本最大級の肉のイベント「肉フェス」で4回連続総合優勝を果たしているという結果からも十分にわかっていただけるでしょう。

ハンバーガーブログでもマンスリーハンバーガーTVの会場として「格之進R」さんに何度か協力を頂きました。目の前で肉をさばき、叩いてパティを作り、お客様が自らハンバーガーを作る、そんなチャレンジを2回ほどしました。

バタバタして紹介できていませんでしたが、2013年2月、2013年7月にイベントを行った様子を少しだけ紹介します↓

これが自慢の肉です。

チョップしていきます。

ミンチ肉を混ぜて、パティを整形していきます。

こんなパティが焼肉屋さんで出てくるというのが凄い!(イベント限定です)

バンズも特注のものを用意します。

それを焼き肉の網で焼く。

Build your own burger、ということで、ドンドンハンバーガーがカスタマイズできるのは嬉しいですね。

スライスした肉を使った、ステーキバーガーのようなものも頂きました。

先日は六本木一丁目にある「格之進F」さんで、千葉さんの出版祝いを行いました。千葉さんが肉を焼いている時の表情は本当に真剣で、まさに「肉と向き合っている!真剣勝負をしている」といえます。

格之進Fさんで頂いたお肉の一部を紹介します。

少しだけ、今回の本の内容を紹介しますと……

まず牛肉の選び方。A5とは何か、和牛と国産牛の違い、待ちのお肉屋さんの使い方などを丁寧に紹介しています。
そして、今流行りの熟成肉。どういった熟成方法を経ている牛肉が自分好みなのかを見極めるのに参考になります。
黒毛和牛の希少部位の紹介。霜降好きは、赤身好きは、それぞれ何を食べるのがいいのか、がわかります。
お肉の切り方、焼き方。お肉は扱い方で味が全く変わってくるということが、改めてわわかると思います。
最後に牛肉生産の現状と、今後に向けた展開

と、盛りだくさんの内容。焼き肉好きはもちろん、最近の熟成肉ブームが気になっている方、全ての肉好きに読んでもらいたい本だと思います。

ぜひ、書店・Amazonでお買い求めください。

 


関連記事